植木鉢の選び方 植物のシルエットに合わせて植木鉢を選ぶ

樹形で変えよう、鉢の形!

植物と植木鉢のコーディネートは、部屋の雰囲気を左右する大きな要素だけに迷うところです。
植木鉢を選ぶときには、鉢の色や形、素材感を部屋のテイストや家具の色、好みなどに合わせることが基準になりますが、そこに「植物のシルエットとのバランス」を加えることで、より安定した美しい組み合わせを発見することができます。
雑誌などで見られるかっこいいなと思えるインテリアグリーンでは、植木鉢とのコーディネートで上手に植物の魅力が引き出されていますが、そこには植木鉢の質感やデザインだけでなく、見ていて美しいと感じる絶妙なバランスが視覚効果として大きく影響しています。

観葉植物にはまっすぐ伸びる姿勢のよいものものだけでなく、こんもりと茂るもの、くねくね幹が曲がるもの、何本もの幹が出て株立ちを楽しむものなど実にさまざまな樹形があります。
地植えと違い、入れ物の中で管理する鉢栽培では、見ていて安心感があることがとても大切。
バランスが良くないと気持ちも不安定になり、せっかく植物を持ち込んでもくつろいだ雰囲気が半減してしまいます。

この記事では、植物を4種類ののシルエットに分けて、それぞれの観葉植物がバランスよく見える植木鉢の形について、画像を使ってわかりやすくお伝えします。
植木鉢のコーディネートにこれでなくてはならないという組み合わせはありませんが、植木鉢選びに迷ったときの参考になさってください。

観葉植物にみられる、4つのシルエット

観葉植物を樹形で見ると、大きく4つの形に分けることができます。
携帯のカメラ機能などで撮影すれば、遠目から植物全体のシルエットを見ることができるので、樹形が確認しやすくなります。
同じ品種でもスタイリングによって樹形は異なりますので、植物の種類にこだわらず、シルエットを基準に選んでください。

  1. コップ形
    勢いよく上に広がる枝葉を持つ植物のシルエットです。逆台形型に葉が広がるものや、株立ちのようにまっすぐに葉が上に伸びることで全体が四角形や長方形になるようなシルエットです。
    スパティフィラムやオーガスタ、モンステラ、ヤシ類、サボテン、株立ちのサンセベリアや立性のローズマリーなどに見られる樹形です。

    コップ型シルエットの植物がきれいに見える鉢の形とは?

  2. ひし形
    幹を中心に左右にバランスよく枝葉がつき、葉に程よいボリューム感のある樹木らしいシルエットの植物です。
    木と言われると大概の人が思い描くコニファー、ドラセナやエバーフレッシュ、オリーブやアカシアに代表される樹形です。

    ひし形シルエットの植物がきれいに見える鉢の形

  3. くびれた樹形
    茎がくねくねと曲がり、茎と葉が微妙なバランスを保つ、自由度の高いシルエットです。
    フィカス・ウンベラータやアルティッシマ、ガジュマルのようなゴムノキの仲間、トックリラン、幹を三つ編み仕立てにしたベンジャミン、茎が長いタイプのアガヴェなどに代表される樹形です。

    くびれた樹形シルエットの植物がきれいに見える鉢の形とは?

  4. 低重心型
    葉が小さめで少なく、枝葉の動きを楽しむような透けたシルエットの植物たちです。
    ソフォラ・ミクロフィラなどに見られる樹形です。

    低重心シルエットの植物がきれいに見える鉢の形とは?

おさえておきたい!植木鉢には、どんなが形があるの?

植物本来の魅力を最大限に引き出すコーディネートを考えるうえで、植木鉢の形を知ることはとても大切です。
一般的には植木鉢を形によって13種類ほどに分類できます。

植木鉢のスタンダード(基準)は、誰もが一番に思い描く「駄温鉢」のような口径と高さが同じ形で、このスタンダードを含むラウンドタイプから、少しずつ変化を加えることで分類をしています。

植木鉢の形がイメージできれば、植物の高さや幅とぴったり合う植木鉢を見つける早道になるかもしれません。
迷ったら口径と深さが同じであるスタンダード鉢がおすすめ。

ほとんどの植物を栽培することができるので、このタイプを選んでおけば間違いありません。

植物のシルエット別、おすすめの植木鉢の形

コップ型シルエットの植物がきれいに見える鉢の形とは?

茎が細長く、株元がすぼまったように見える逆台型シルエットの植物は、広がる角度に合わせて鉢の形を決めるとキレイに見えます。
ストレリチアやオーガスタのように幅が小さく上方向に広がるシルエットの植物には、植木鉢もユーポットやスクエア型に合わせると上方向に伸びる感じが強調されてきれい。
植物のシルエットと植木鉢のシルエットが同じになるとバランスよくまとまります。
大ぶりの植物で存在感がほしいときには、なるべく高さのある鉢を選ぶとモダンでお洒落な雰囲気が高まります。
勢いよく上に伸びる植物の中でも、サンセベリアのように株立ち樹形の植物は、根元から上部までボリューム感が一定で四角形になるので、植木鉢も同じように下にまっすぐ伸びるシルエットを合わせるときれいです。
どっしりとした安定感があるキューブ型やユーポットは、口径が広いことで窮屈感がなく、ゆったりとした気持ちで植物を眺めることができるのでおすすめです。
株立ちは一本一本の樹木が集まったものなので、それぞれの根がまっすぐに伸びる植木鉢の形は生育にも適しています。
植物の高さは植木鉢の高さの3倍以内。
植木鉢のラインにシルエットが合い、しかも植木鉢の3倍以内に植物がおさまると安定感のあるバランスになります。

◆鉢選びのワンポイント

コップ型シルエットの植物には「植木鉢と植物のシルエットを同じに」

◆おすすめの植木鉢の形

  • スクエアタイプ
  • キューブタイプ
  • ユーポット
  • パーテーション

コップ形シルエットにおすすめの植木鉢

大型観葉植物(10号・尺鉢以上)

ルッカ WY10 マット 受け皿付

使いやすい、シンプル設計のスクエアタイプです。
軽くて強度のあるストーンウエアー素材。
開きのあるコップ型樹形にもスリム樹形にも合わせやすい形です。

コルテス タワー

ナチュラルな質感のタワー型コンクリートポットです。
見た目よりずっと軽量で扱いやすさも◎。
インナーポット(別売)を利用すれば室内でも使用可能です。
Lは尺鉢に対応。

モノ・ストーン リブラ

軽量に仕上げたラウンドトールタイプの鉢カバーです。
ストレリチアのようなスリムな樹形にぴったりです。
高級感のあるブラウン系のラインナップ。
尺鉢に対応します。

アユライ

落ち着きのあるホワイトセメント製の鉢カバー。
直線を意識したパトンはまっすぐ樹形、くびれたやわらかなラインのライレイには逆台型の樹形を合わせるときれいです。

中型観葉植物(6号~9号、尺鉢より小さいサイズ)

リサイクル・ウッド レクト(樹脂インナー付)

ヴィンテージ感のある木製の横長プランターです。
防水インナーは口内寸26.5cm、高さ25cm。
完全防水なので鉢カバーとして利用できます。

ベータ キューブプランター

ガラス繊維で強化した軽量が特性のキューブタイプです。
大型タイプに外寸23と28cmが追加され、より選びやすくなりました。

ひし形シルエットの植物がきれいに見える鉢の形とは?

葉に適度なボリューム感がある樹木らしいシルエットの植物には、スタンダードタイプの植木鉢がおすすめです。
スタンダードタイプの良さは、植木鉢そのものに完成されたバランスがあること。
ほとんどの植物はこの形にセットすれば間違いありません。
例えばコニファーならば、縦長で横の膨らみが小さいものは植木鉢もストンとしたユーポットやシリンダータイプ、横にも広がりのあるものはコニックやスタンダードタイプと合わせると安定よく見えます。
同じ植物でも品種によって樹形は異なるので、植物全体のバランスとともに重心がどこにあるのかを意識することで、植木鉢が選びやすくなります。
姿勢の良いアカシアには真っすぐに近い形の鉢を、開帳するレモンにはもう少し幅を持たせたシリンダータイプを合わせるなど、どっしりした安定感は安心感=心地よさに直結します。
植木鉢の3倍の高さまでに樹木の高さがおさまるようにすることはコップ形と同じです。

◆鉢選びのワンポイント
ひし形シルエットの植物には「スタンダードデザイン」

おすすめの植木鉢の形

  • スタンダードタイプ
  • コニックタイプ
  • ユーポット
  • シリンダー

ひし形シルエットにおすすめの植木鉢

大型観葉植物(10号・尺鉢以上)

ルッカ WY15 ツヤ

縁が少し広がったフレアタイプで、優しい感じに仕上げたいときにはぴったりです。
軽くて強度のあるストーンウエアー素材。
使いやすいシンプルな設計です。

アクシア プラスト

落ち着きのあるマットな仕上がりのポリプロピレン樹脂製ポットで、尺鉢がぴったり収まるスタンダードなデザインです。
底穴をふさぐ栓が付いているので、鉢カバーとしても使用できます。

テラアスタ カテラ

通常のテラコッタより高温で焼かれた肉厚なコニックタイプの大型ポットです。
もやがかった深みのあるアンティーク仕上げは、ナチュラルなオーストラリア系の植物にもよく合います。
L、Mは尺鉢に対応します。

ウッド・プランター シリンダー

アカシア材でできたシリンダー型の鉢カバーです。
がたつきのない高品質なつくり。
M、Sは尺鉢に対応しています。
各サイズともに防水インナー(別売)があります。

中型観葉植物(6号~8号、尺鉢より小さいサイズ)

ヴィトロ コパ 受け皿付き

釉薬の濃淡が美しいラウンドポットです。
使いやすいスタンダードデザイン。
落ち着きのある3色のカラーから選べます。Mは尺鉢に対応。

イタリアンテラコッタ シリンドロ アリーナ

やさしい雰囲気が魅力的な、ぽってりフォルムのテラコッタポットです。
樹木や果樹の植栽にも安心な安定感のある形です。

ウーヌス ユーポット

色が混じりあった豊かな表情のユーポットで、耐久性に優れた厚手で重厚なつくりです。
表面がガラス質でコーティングされているので、室外で使用しても汚れがつきにくい仕上がりです。
Lは尺鉢に対応します。

レニ LE1

淡いカラーが可愛いらしい人気のポットで、セメントがよく詰まった堅牢なつくりの本体にエポキシ樹脂をスプレー状に吹き付けることで独特なツヤを出しつつ、汚れなどから保護しています。
受け皿(別売)を追加すれば、室内でも使用できます。

くびれたシルエットの植物がきれいに見える鉢の形

上方に葉の広がる植物は、バランスをとるような形と大きさの植木鉢を合わせることがゆったりとグリーンを楽しむために必要になります。
くびれた樹形のうち、茎がまっすぐに伸びて上方で葉がぱっと開くような植物の場合は、葉のボリューム感に対して植木鉢が小さすぎると、とても不安定な気持ちになります。
できれば、植木鉢は葉が広がる大きさの半分ほどの横幅があると安心です。
エッグタイプやキューブタイプはとくにおすすめ。
葉のボリューム感に負けない、どっしりとした形の植木鉢を合わせるとバランスよく見えます。
ウンベラータのような茎が曲がりながら伸びて上方に葉があるものも同じで、鉢が細いと不安定。
茎と葉、植木鉢と葉の間に不規則な空間ができるので、中心から葉の展開部分が遠いほど植木鉢の横幅をとるようにすることで、上下のバランスが取りやすくなります。

◆鉢選びのワンポイント
くびれたシルエットの植物には「バランス重視」

おすすめの植木鉢の形

  • スタンダードタイプ
  • ユーポット
  • エッグタイプ
  • キューブ

くびれたシルエットにおすすめの植木鉢

大型観葉植物(10号・尺鉢以上)

ルッカ PR6 マット 受け皿付きセット

どんな樹形にも合わせやすいノーマルなラウンドタイプ。
軽くて強度のあるストーンウエアー素材。
8、10、13号の3サイズ。

コルテス ヘックス

高めの樹木にも対応する安定した6角形タイプ。
岩のような質感が人気のシリーズに新たに加わったシリーズです。

ポリ・ストーン ファセッツ 受け皿付き

遊び心のある多面体ポット。
口径が広く、曲がりの大きな樹形でも安定したバランスです。
粒子が細かい、軽量で強度の高いポリストーン製。尺鉢に対応しています。

ヴァル キューブ

特殊な塗装処理によって、サビが流れ落ちたようなアンティーク感を表現したヴァル。
どっしりとした風格が魅力のファイバーセメントの鉢カバーです。
40、50、60角と大型サイズを取り揃えています。

中型観葉植物(6号~9号、尺鉢より小さいサイズ)

ヴィトロ ドゥオ 受け皿付き

釉薬の美しいラウンドポットです。
静かな空間にも馴染む、鮮やか過ぎない絶妙なカラーが魅力。
L、Mサイズは尺鉢にも対応します。

ファイバーストーン タウルス トール

ストーンパウダーを表面に用いた滑らか質感が持ち味のユーポットです。
ボディがスリムなので、狭い場所の設置には◎。
すっと伸びた背の高い植物によく合います。

イタリアンテラコッタ パラディオ

コロンとしたフォルムが可愛らしいラウンドポットです。
チョコレートカラーがコニファーの雰囲気にもぴったり。
幅広の帯はデザインだけでなく持ちやすさも◎です。

ホルスド シリンダー 鉢カバー

ゆがみのないシャープで滑らかな仕上がりのシリンダーポットです。
防水インナーと専用のウッドスタンドが付いているので、植物を買ってきてすぐにスタイルよく飾ることができます。

低重心シルエットの植物がきれいに見える鉢の形とは?

重心の低い透けたシルエットには、植木鉢も重心の低いものを選ぶと、植物の可愛らしい雰囲気が出ます。
なるべくデザインもシンプルなものを選ぶことで、枝ぶりや葉の動きを楽しむことができます。
コロンとした丸型やふくらみのあるラウンドタイプなど植物、植木鉢ともにやさしい雰囲気にすることで、やわらかでほのぼのとした空間を作ることができます。
つる性植物の場合は、スタンダードタイプや高さのある鉢に植えるとつるが邪魔にならずに楽しめ、姿もとてもきれい。
高さがあるほどモダンに、低くなるほどキュートにまとまります。

◆鉢選びのワンポイント
低重心シルエットの植物には「重心低く、シンプルに」

おすすめの植木鉢の形

  • ボール
  • シリンダー
  • スタンダードタイプ

低重心シルエットにおすすめの植木鉢

大型観葉植物(10号・尺鉢以上)

スパイラ ボウルプランター

ファイバー強化セメントでできた軽量が特性のボウルプランターです。
Lは尺鉢に対応。
防水インナーをセットすれば室内の使用もできます。

コンクア ラウンド

オイルステインでつけた濃淡が個性的なラウンドポットで、天面と内側に艶やかな黒色を加えることで茎葉の動きがくっきりと見えます。
Lは尺鉢に対応ます。

中型観葉植物(6号~9号、尺鉢より小さいサイズ)

ルッカT.T. HG-12 ツヤ釉 受け皿付き

使いやすいシンプルなデザインのボール型プランターで、このタイプでは一番の人気です。
軽くて強度のあるストーンウエアー素材。
4号、7号に対応します。

アスティア ミドル 受け皿付き

ガラス成分の釉薬が透けて見えるきれいなポットで、ぽってりした形は安定感があります。
太い縁があるので、土部分が見えにくく室内でも土が気になりません。

レト ラウンド 受け皿付き

セメントらしい風合いがとても可愛いスタンダードタイプの植木鉢です。
小さな木だけでなく、多肉植物にもおすすめ。
3号、5号があります。

おすすめの関連記事

材質別 植木鉢のメリット、デメリット