植木鉢にはどんな種類があるの?自然素材・ガラス・金属の植木鉢のメリット、デメリット

温かみが魅力、天然素材

植木鉢には様々な材質が使われていますが、どのような特徴があるのでしょうか?
この記事では植木鉢によく使用される材質について、メリットとデメリットを含めて、それぞれの特徴を「焼き物」「セメント・FRP」「自然素材・ガラス・金属」の3つに分けて分けてわかりやすくお伝えします。
最終回の第3回目は自然素材・ガラス・金属です。
籐や竹、アシなどを編み込んで作られた鉢カバーやハンギング、透明感が魅力のガラス素材、クールな印象の金属素材の3つの素材について、それぞれの特徴とおすすめの植木鉢を厳選してご紹介します。

他の材質は下記のページでご覧頂けます

自然素材とは

ヤシ科の植物であるラタン、バンブー(竹)、パイン(松)、マメ科のアカシア、ウォーターヒヤシンス(ホテイ草)、ココヤシや桐、カヤツリグサなどの天然素材の幹やツル、樹皮や繊維などを用いた鉢カバーやハンギングが中心です。
とても軽く、ナチュラルな優しい佇まいは植物由来の素材ならでは。他の素材では味わうことができない温かみとリラックス感があります。
日焼けや水分には弱く、色が変わってしまったりカビてしまうことも多い素材なので、植物とのコラボレーションでは綺麗なまま長く使用することが難しい素材でしたが、植木鉢と接する内側の素材を工夫したり、インナーポットを合わせて利用することで生活にも取り入れやすくなっています。
ウッドプランターの中には、塗装することで屋外でも使用することが可能な商品も開発されていますが、基本的には屋内で使用する商品群です。

おすすめの植木鉢

マラカ

天然素材FRPを組み合わせた軽量タイプの大型鉢カバーで、水を通さないグラスファイバー製のボディに、曲げに強く丈夫なラタンを密に巻き付けて仕上げています。
ラタンのもつナチュラルなカラーや質感を残すためクリームウォッシュで塗装しています。

アルマー

新鮮な竹を3~4ヶ月ぬるま湯につけた後に日干しして、ローラーで伸ばし、手作業でコイル状に重ねて形作るベトナムの伝承技術によって生み出された伝統工芸とモダンなデザインが融合したシリーズです。
樹脂製の防水インナーがセットされています。

ウッド・プランター シリンダー

ワイン樽やフローリングに使われている、程よい節が美しいアカシア材を確かな職人の技術で樽状に組み上げた、がたつきのない高品質なつくりのプランターです。
表面にナチュラル感を損なわない程度のクリア塗装を施しています。

ガラス素材

インテリアとして楽しめる鉢で、植物の新しい表情を発見することができます。
通気性がないので長期の栽培には向きませんが、夏はシダ植物で涼しさを演出したり、冬は球根の水耕栽培といったお洒落なディスプレイが可能です。
とくにガラス素材の植木鉢は、土が透けて見えることで土や根にも意識がいき、育てている感覚が増しますしコントラストもとても綺麗。ヒバや水苔との組み合わせもガラスならではの面白さがあります。
水耕栽培は透明感とディテールの面白さから、最近注目のアイテム。定番のヒヤシンスやムスカリなどの秋植え球根だけでなく、サボテンの水耕栽培も楽しめます。

おすすめの植木鉢

ガラスポット 受け皿付き(楽天店)

受け皿つきのガラスのポットで、透明なボディに白のレタリングがとってもキュート。
スタンダードなデザインなので、植えやすさも◎です。
省スペースでも置きやすいΦ3.5とΦ5サイズです。

ブローグラスポット (楽天店)

薄いガラス素材が繊細な植物を引き立てる上品なポット。
あえて皿色を変えて楽しむコンビネーションがお洒落です。
受け皿付きです。

パインウッドテラリウム(楽天店)

金属枠のない、すっきりとしたデザインのテラリウム。
白木無垢のベースのくぼみにガラス部分がしっかりはまっているので、ガラスがずれ落ちる心配もありません。

金属素材

ジャンクな雰囲気が自由で伸びやかな空気感を吹き込む金属素材。
今流行りの個性的な観葉植物にも多肉植物にも相性のよい、ラフでさりげないお洒落アイテムです。
コンクリートや木との相性も良く、フィギュアなど小物を追加することで雑貨屋さんのようなディスプレイを楽しむこともできます。
同じ金属でも、ブリキのもつ鈍い輝きと光沢のあるステンレスでは質感やラグジュアリー感に大きな差が出ますので、置き場所や目指すスタイルによって素材やデザインを工夫すると上手に取り入れることができます。
直接植え込むことも出来ますが、水分の調整ができないので長期の栽培には不向き。植物の生育が緩慢な冬向きの使い方と言えます。
また、ジンク(ブリキ)のように側面と底面が溶接されているものは、水をあげたときに底からこぼれ出ることもあるので注意が必要です。

おすすめの植木鉢

ジンク カウシオ(楽天店)

ブリキの結晶分厚くどっしりした大型のブリキコンテナのシリーズ、カウシオ。
色味のある金属色を加え、スタイリッシュなデザインに仕上げています。
51は防水インナーPE-36、45は防水インナーPE-28が対応します。

ラーケルシリンダー(楽天店)

シンプルに徹した、スタイリッシュさが際立つ美しいデザインのポットで、アルミ素材にメッキして作られています。
直径6,9,11,13cmとサイズも豊富。ラグジュアリー感漂うゴールド、上品な印象のコッパーともにぐっと落ち着いた上質な仕上がりです。

ジンクポット ヒルダ&ペトラ(楽天店)

フックを引っかけて使う、可愛くて便利なブリキのポットです。
ブリキのクールな質感が空間に変化を与えて、ぐっと印象的なコーナーになります。

バージの選んだ自然素材の鉢

自然素材のナチュラルで温かみのある質感は憧れですが、水を使う植木鉢にとっては難題の素材でもあります。
バージでは、いかに素材感を生かしながらも、劣化やカビといったトラブルなく気持ちよくご使用いただくか、商品のセレクトにあたっては質感とともに使いやすさも考え合わせた商品開発を心がけています。

機能性も兼ね備えたデザイン

水やりもしやすい設計

 

デザインの美しさでおすすめ

上品でシンプルな美しいデザイン

 

珍しいモノをお探しなら

職人の技が光る高品質なつくり

 

植木鉢をより使いやすくするプラスアルファー資材

機能性がアップするアイテム

おすすめの関連記事

材質別 植木鉢のメリット、デメリット