北欧らしい温かみのある植木鉢をご紹介!北欧テイストを上手に取り入れるコツも

北欧スタイルとは?

北欧スタイルは、スカンジナビアスタイルとも呼ばれ、スカンジナビア半島周辺のスウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークで生まれたインテリアスタイルで、ぬくもりを感じさせる明るい色調の木材を使い、穏やかですっきりとしたラインで構成された自然光にあふれた空間を演出します。
余計なものがないシンプルで美しい空間に、心地よく控えめなデザインのナチュラルな家具を取り入れた抑制のきいたエレガンスが魅力で、シンプルさが冷たい印象にならないように、質感を大切にするのもスタイルの特徴です。
厳しく長い冬の北欧では、家で家族と過ごす時間が長くなるので、快適に居心地よく暮らすため室内を美しく整える習慣があります。
木のぬくもりや明るいきれいなインテリアを取り入れて、目にも身体にも優しい環境をつくることで、部屋の中でも楽しく暮らすことができます。
北欧スタイルでは、単純なラインで構成されているシンプルでモダンな印象の家具が多く、風土の似ている日本で作られる家具にも北欧スタイルに合うシンプルでナチュラルな家具がたくさんあります。
北欧スタイルが日本で長く愛されるのも、感性と生活スタイルに通じるものがあるからかもしれません。
北欧スタイルは基本的にはシンプルで、そこに自分らしい味付けをちょこっと加えることで、家で過ごす時間を楽しむライフスタイルなのです。
この記事では、そんなインテリアトレンドとして人気が高まり続ける北欧スタイルを生活に取り入れるポイントと、北欧テイストにぴったりな植木鉢をご紹介します。

家で楽しむ北欧スタイル!
北欧テイストを取り入れる5つのポイント

  1. ミニマルに徹する
    北欧スタイルは不必要なものを削ぎ落として、装飾的な趣向を最小限に省略するミニマリズムに徹したスタイルです。
    どんなにミニマルにしてもやり過ぎの心配はないので、どんどん減らして、すっきりとした空間を作りましょう。
  2. シンプルでナチュラルな家具をチョイス
    木材を使うこと自体がスタイルの特徴なので、外装、家具、フローリングなど木をふんだんに取り入れます。
    出来るだけシンプルな、木のぬくもりを感じる家具を選びます。
    ソファなどは座り心地がよく、低めで丸みを帯びた優しいデザインの北欧家具をチョイスすると、このスタイルらしい雰囲気が出ます。
    職人の技術を大切にするスタイルなので、多少値段は高くても長く使えるしっかりしたものを選びましょう。
  3. ナチュラルカラーを活用
    壁、床、天井はナチュラルカラー、白い壁にフローリングが定番です。
    グリーン、ブルー、グレーをサブカラーに少しだけ加えると深みが出ます。
    装飾はできるだけなくし、白か淡いグレー、淡いブルーを取り入れるとまとまりやすくなります。
  4. 温かみのある照明
    照明も温かみのある光の方がスタイルの雰囲気が盛り上がります。
    長い夜を楽しむために、蛍光灯の明るすぎる光は避け、温かみのあるオレンジの優しい光を合わせます。
  5. 小物も自然がテーマ
    インテリア小物の中にナチュラルな素材感があるとスタイルが際立ちます。
    北欧インテリアは、小物も使いやすく美しいデザインのものが多くみられます。
    動物や植物をモチーフにしたスローなデザインを取り入れ、冷たい印象を抱かせないことが大切です。
    リアルに動物を描くのではなく、動物や花はシルエットを生かしたデザインが特徴のひとつ。
    植物モチーフの生地をクッションカバーに使ったり、パネルに仕立てて飾ることもよく見られる方法です。
    たくさん飾るのではなく、楽しい気分を感じるデコレーションは最小限に絞ると効果的です。

北欧テイストには、こんなグリーンがおすすめ!

クリスマスにもお楽しみを

自然のデザインを取り入れたこのスタイルは、観葉植物とのコーディネートもよく似合います。
とくにメルヘンチックな森をイメージさせる植物や淡いイエローグリーンなど、優しい印象の植物たちのやわらかな明るいトーンはこのスタイルにぴったりです。
北欧スタイルは、ロータイプのインテリアで高さに統一感を持たせて横ラインを作り、壁部分を広く残してゆったりとした広がりを持たせるスタイルなので、観葉植物もあまり高さがあると存在感が強すぎて重たい印象になってしまいます。
お部屋には1m程度までの、小型~中型の植物をポツンぽつんと小物感覚で置くとキレイにまとまります。
またベランダやテラスにコニファーをいくつか並べたり、もみの木を置くと北欧の雰囲気が高まります。
クリスマスには飾りつけをしたり、白い綿をのせて雪をイメージさせるなど、ちょっとしたお楽しみも作ることができます。

おすすめの植物6選!

  • ソフィア・ミクロフィラ・リトルベイビー
    コキコキと曲がった細い枝先に左右対称の小葉をつけ、愛くるしい姿からメルヘンの木とも呼ばれています。
    見た目よりずっと強健、盆栽のように好きな形にカットできます。
  • アリゾナイトスギ・ブルーアイズ
    雪の結晶を思わせる枝先の表情と白味かがったグリーンがきれいなコニファーで、北欧風ガーデンにぴったり。香りがよく、刈り込みにも強いのでクリスマスリースの材料にも使われています。
    コニファーの中で最もポピュラーなゴールドクレストはもともと室内用に開発された品種。室内ではこちらがおすすめです。
  • エバーフレッシュ
    ネムノキを室内でも育てられるように改良した品種です。夜になると閉じる葉は自然を感じさせてくれて、このスタイルにはぴったり。
    枝がしなやかで、葉も涼し気です。
  • フィカス・アルテシマ
    黄色とライムグリーンのコントラストが綺麗なゴムノキの仲間で、光沢のある丸葉が美しく、白やウッドベースの家を明るくしてくれます。
  • グリーンネックレス
    グリンピースが鈴なりに続くような可愛い姿がユニークな多肉植物です。
    球状の葉は垂れ下がるように伸びるのでハンギングにもおすすめ。夏は直射日光を避けて、日陰で育てます。
  • ツデータマシダ
    黄緑色のやわらかな葉が密集して波打ちながら広がり、空間を明るく演出します。
    冬でも緑が楽しめ、耐陰性があるので置き場所も選びません。

北欧テイストを目指す人必見!
北欧テイストにぴったりな植木鉢とは

すっきりとしたラインと穏やかな色調が特徴であるこのスタイルでは、植木鉢を選ぶときもシンプルで視覚的にも邪魔にならないものを選ぶときれいです。
ホワイトカラーはもちろん、明るい色の木材に合うような優しいカラーや幾何学模様など気持ちが明るくなるようなデザインは、生活を楽しむ北欧スタイルらしいカラー。
幾何学模様はこのスタイルのファブリックではよく見られるデザインで、印象的な空間づくりにも役立ちます。
とくにブラック&ホワイトのパターンはすっきりとしていながらも冷たすぎず、お洒落アイテムとしてすぐにでも取り入れることができます。
また、色ガラスはこのスタイルに少しだけ個性をプラスするにはぴったりの方法。
透明なので視覚的にも邪魔にならず、明るい光の中に映えて、とても綺麗で明るい印象の空間をつくります。

北欧テイストにぴったりな植木鉢ランキング

1位

アルマー コニック

彩色のない竹本来の質感を生かした器と水生植物で編んだバスケットを組み合わせたナチュラル感いっぱいの鉢カバーです。
8~12号鉢に対応、防水インナー付きです。

2位

ルッカT.T. HG-12 ツヤ釉 受け皿付き

ルッカT.T.シリーズは地がとても白く、このスタイルには最も自然なカラーです。
HG-12はミニポットでは一番人気のデザイン。やさしいフォルムはどんな植物にも合わせやすくておすすめです。

3位

テア(楽天店)

白と黒の幾何学模様がオシャレなポットで、一つあるだけで視界に動きが生まれ、空間に張りを出すことができます。
コニックタイプと安定感のあるシリンダー型、それぞれ3つの柄から選べます。

4位

アマダ10 キューブ(楽天店)

雪の結晶のようなパターンが彫り込まれ、とても上品です。
光の当たり方で表情が変わる、ちょっとアートなポットです。

5位

パインウッドテラリウム(楽天店)

金属枠のない、すっきりとしたデザインのテラリウム。
白木無垢のベースのくぼみにガラス部分がしっかりはまっているので、ガラスがずれ落ちる心配もありません。

バルブベイス (楽天店)

ぽってりしたフォルムが優しい印象の水耕栽培用のベイスです。
ブルー、グリーン、オレンジはとくに北欧スタイルにおすすめ。
春を待つ球根のイメージもこのスタイルに似合います。