インナーポットはどう使うの?上手に使いこなして、観葉植物を楽々管理

インナーポットとは

鉢カバーとセットで使う

観葉植物を室内で楽しむ人が増える中、店舗を中心に鉢カバーの利用が広がっています。
鉢カバーは、プラスティック製のポットのまま飾るには抵抗があるけれど、直接植え込むことはしたくないという方のために、ポンと入れるだけの手軽さでおしゃれに飾ることができる鉢として定着しつつありますが、水やりなど日常管理が今一つわかりにくく、取り扱いに悩まされている方も多いのではないでしょうか。
インナーポットは、そんな日常管理の中で最も気がかりな水やりをラクにするアイテムです。
インナーポットを使うことで、鉢カバーをもっと身近に感じること、間違いありません。

この記事では、中型~大型の観葉植物に使用する「ちょっと大きめのインナーポット」の上手な使い方を分かりやすくお伝えします。
インナーポットの使い方をマスターすると、手放せないアイテムになるはずです。

インナーポットの種類

ソフトとハードの使い分けをマスター

インナーポットには、ポリエチレン製のソフトタイプとポリプロピレン製のハードタイプがあります。
ポリエチレン製のインナーポットは、花や野菜の苗の販売に使われる黒いポリポットを大きくしたような感じで、両手で押しこむと簡単に形が変わり「防水インナーポット」として販売されています。
一方、ハードタイプは、プラスティックのコップのようなしっかりとした質感で「硬質インナーポット」として区別されています。

防水インナーポットの特長

水管理を楽にする、水受け

防水インナーポットは、鉢カバーにセットして植物の入ったプラスティック鉢をその中に入れて使用します。
防水インナーポットの一番の利点は、水やりのしやすさです。
鉢カバーを使用されている方は、どのように水やりされているでしょうか?
水やりのたびにプラ鉢を取り出したり、鉢カバーの中に受け皿を入れて使用している方の中には、水を与えすぎで受け皿から水があふれ出してしまい、鉢の中が水浸しになったり、鉢底から水がしみ出して床が濡れてしまうこともあったかもしれません。
インナーポットをセットしておけば、仮に水を多く入れ過ぎても、余分な水は下にたまって水漏れの心配はありません。

硬質インナーポットの特長

通常の鉢のように植え込みができる!?

硬質インナーポットも防水インナーポットと役割は同じですが、素材はずっと固く、しっかりとしています。
これは、セットする植木鉢本体が金属製や木製の枠で成形された商品にも使えるように開発されたからです。
硬質インナーポットの一番の特長は、底面潅水システムをセットすることで、通常の植木鉢と同じように、直接土を入れて植え込みができる点です。
このシステムでは、花や野菜を育てる横長のプランターと同じように、本体の下部をネットで仕切って、水が貯まるスペースを作っています。
横長のプランターでは、余分な水はサイドや底の排水口から外に流れ出す仕組みですが、底面潅水システムでは、底に貯めた水を植物が必要なときに吸い上げて利用できるような工夫をしています。
水分計もその一つ。貯めた水の残量も一目瞭然なので、次の水やりのタイミングもすぐにわかります。
この底面潅水システムは、硬質インナーポットとセットでしか利用できませんのでご注意ください。

インナーポット、使いこなし術

インナーポットは、こんな方におすすめです!

インナーポットは、プラ鉢のままで植物を飾ることにはちょっと抵抗があるというオシャレな方はもちろん、植物を取り扱うお店の方にも、ぜひ取り入れていただきたい便利アイテムです。

個人宅

  1. どんな素材の器も鉢カバーとして利用できる
    穴のあいたお気に入りの植木鉢や麻バックなど、どんな素材も鉢カバーとして利用することができるので、植木鉢と植物とのコラボレーションの幅が広がります。入れ物が二重になることで、土がこぼれ出す心配も軽減されます。
    水漏れ防止が目的であれば、柔らかな「防水インナーポット」で十分です。
  2. 小旅行も安心
    インナーポットは水を貯めておくことができるので、短い旅行なら、底に水を貯めておくことで気がかりな水切れの心配から解放されます。
  3. 忙しくて、ついつい水やりを忘れてしまう
    硬質インナーポットに底面潅水システムをセットしておけば、水管理がとても楽になります。根づくまでは表土から水を与え、その後は給水パイプ(注ぎ口)に水を入れれば、底のウォータースペースに注ぎ込まれます。水位計がついているので、水の残量も一目でわかります。
  4. ココファイバーで可愛さアップ
    ヤシ繊維でふんわりと覆えば、スタイルアップだけでなく、乾燥防止や土の舞い上がり防止効果も。植物のポットと鉢カバーがぴったりサイズでなくてもきれいにまとめてくれます。

植物を扱う、店舗の方

  1. 水やり回数を減らせる
    空調や冷暖房で乾燥しやすい店内は、水やりしてもすぐに乾いてしまい植物の痛みが心配です。インナーポットに水を貯めておくことで、湿気を好む植物も安心です。
  2. お客様にイメージが伝わる
    インナーポットを入れておけば、植木鉢を汚すことなく植物をセットすることができるので、お客様に実際に飾った時のイメージを伝えることができます。
  3. 簡単着せ替え可能
    色違いや形違いの植木鉢に、同じ植物を次々にセットできるので、季節やテーマに合わせたディスプレイ変更が簡単にできます。防水インナーポットには、取っ手がついているので、出し入れもスムーズに行えます。※もっとも小さなPE28には、取っ手はついていません。
  4. ぴったりサイズの必要なし
    鉢カバーや植物のプラ鉢にぴったり合わせなくても、鉢カバーの中に納まっていれば、美観を損なうことはありません。もし、高さが低い鉢に使用するなど、防水インナーポットが飛び出して気になる場合はハサミでも簡単にカットできます。
  5. 直植えの重たさを軽減
    陶器鉢などに直植えすると、とにかく重くなって動かすのも大変ですが【硬質インナーポット+底面潅水システム】に直植えすることで、植木鉢と植物鉢を切り離して運ぶことができます。ポットからポットへの入れ替えもスムーズに行えます。

商品ラインナップ

防水インナーポット

防水インナーポットは、水漏れを防止する目的で使用されるので、全体を覆う必要はありませんが、鉢カバーの中にすっぽりと収まったほうがきれいです。外径はプラ鉢に対してぶかぶかでも大丈夫。鉢カバーの内寸を基準にお選びください。自然素材を使った鉢カバーの中には、はじめから防水インナーがついている商品もあります。

防水インナーポット(楽天店)

ラインナップ

PE28 幅28×奥行き28×高さ24㎝(口内寸26㎝)
PE36 幅39×奥行き36×高さ31㎝(口内寸34㎝)
PE45 幅48×奥行き45×高さ34㎝(口内寸42㎝)
PE50 幅53×奥行き50×高さ45㎝(口内寸47㎝)
※一般的なプラ鉢の尺鉢サイズは、外径31.5×高さ33㎝です。ご参考になさってください。

硬質インナーポット

硬質インナーポットは、もともと人工ラタンでできたウィッカーポット用に開発された商品で、ウィッカーポットシリーズには、はじめから付属品としてセットされていますので、直植えする場合は底面潅水システムだけを購入すればOKです。
そのほかの鉢カバーを使って直植えする場合は、硬質インナーポットと底面潅水システムの両方をセットでご購入ください。

底面灌水システムについてはこちら

硬質インナーポット(楽天店)

ラインナップ

[丸形]
R33 直径33×高さ32㎝
R33用底面潅水システム 仕切りベースサイズ直径24×高さ8㎝
R42 直径42×高さ37.5㎝
R42用底面潅水システム 仕切りベースサイズ直径30×高さ8㎝

[角形]
Q33 33×33×高さ32㎝
Q33用底面潅水システム 仕切りベースサイズ24×24×高さ8㎝
Q42 42×42×高さ32㎝
Q42用底面潅水システム 仕切りベースサイズ30×30×高さ8㎝

おすすめの植木鉢

はじめからインナーポットがセットされているので、サイズ合わせの心配がないお手軽セットです。

防水インナーポットがセットされている鉢カバー

硬質インナーポットがセットされている鉢カバー

インナーポットをセットして使う、おすすめの植木鉢

バルゴ モノ
軽量に仕上げたセメント製の鉢カバーで、高さを押さえた安定感のある使いやすいフォルムです。落ち着きのあるカラーと質感は高級感があります。

規格 防水 硬質 底面灌水
L55 PE45 R42 R42用
M40 PE28 R33 R33用

マラッカ クリームウォッシュRD
天然素材とFRPを組み合わせた軽量タイプの大型鉢カバーで、グラスファイバー製のボディに、曲げに強く丈夫なラタンを密に巻き付けて仕上げています。ラタンのもつナチュラルなカラーや質感を残すため、クリームウォッシュで塗装しています。

規格 防水 硬質 底面灌水
M44 PE36 R42 R42用
S37 PE28 R33 R33用

ホルスド シリンダー鉢カバー
パウダー状の石粉とポリエステル樹脂でできた鉢カバーです。薄く均一でシャープな仕上がりは、すっきりとしていて、とてもスタイリッシュ。マットで滑らかな質感です。

規格 防水 硬質 底面灌水
L13号 PE28 R33 R33用
M10号 PE28

コルテス ラウンド
厚みのあるコンクリートポットですが、内側からマット状のファイバーグラス繊維で補強することでセメントの量を抑え、見た目よりずっと軽量に作られています。セメントに色を練り込んで作られているので、仕上がりはとてもナチュラルです。

規格 防水 硬質 底面灌水
L50 PE36
PE28
R42 R42用
M40 PE28 R33 R33用

ベータ キューブプランター
マグネシウムセメントという特殊なセメントをグラスファイバーで何層にも重ねて補強した、軽量が特性の大型プランターです。側面には真ん中がたわまないように芯を入れ、厚く補強することで強度を高めています。

規格 防水 硬質 底面灌水
XL65 PE50
L55 PE45
PE36
Q42 Q42用
M45 PE36
PE28
Q33 Q33用
S36 PE28