フェイクグリーンの飾り方!植木鉢に入れるだけでこんなに素敵に

フェイクを「植えよう」!

植物を生活の中に取り入れるボタニカルライフが流行するなか、植物の個性的で独創的なモチーフをインテリアとして取り入れる人が増えています。
カーテンやクッションだけでなく、ちょっとした収納ボックスや壁に掛けられた小さな手提げ袋にさり気なく一本の草花を追加するだけで、日常の何気ない光景が優しくナチュラルな雰囲気に生まれ変わります。
造花というと、どうしてもチープなイメージが先行して「ショップのディスプレイで使うもの」くらいにしかイメージできないかもしれませんが、今どきの造花はお洒落な”フェイクグリーン”として大きく進化しています。そのリアルさは、きっとあなたをびっくりさせるはず。植木鉢に「植えた」ときには、まさに見間違えるほどのリアルさなのです。
植木鉢+フェイクグリーンは入れるだけという手軽さで、本物の植物を育てているような素敵なグリーン空間が作れるおすすめの方法です。
育ててみたかった流行の植物がバリエーション豊富に揃い、もちろん水やりも不要!枯れる心配もありません。
この記事では、植木鉢に植えたくなるような、とっておきのフェイクグリーンをご紹介するとともに、それぞれのフェイクグリーンにぴったりな植木鉢を厳選してご紹介します。

鉢植えで、フェイクをイキイキとスタイリング

植木鉢選びのポイント

植木鉢で植物を育てるためには水はけのために鉢底に穴があることが大切ですが、フェイクグリーンでは大きささえ合えば、底穴どころか金属や布、紙袋など、どんな素材も組み合わせることができます。
ただ、今回ご紹介するフェイクグリーンは、素材が優秀でとにかくリアル。
せっかくの質感を生かすために、入れ物も普通の植木鉢や鉢カバーを使うことで、まるで本物の観葉植物を育てているかのようなリアルさを実感できます。
鉢カバーになる植木鉢の縁からフェイクグリーンのプラスチックポットが見えず、ぐらぐらとせずにぴったりはまる植木鉢がベストな大きさですが、きれいにおさまる植木鉢が見つかるかが一番の気がかりではないでしょうか。
でも、小さすぎて入らない場合は仕方ありませんが、大きくて沈んでしまうことやぐらつくことは発砲スチロールを使って底上げしたり、かませたりすることでクリアーできるのがフェイクグリーンのよいところです。
鉢の中にできた空間が見えてしまって気になる場合は、ココファイバーや化粧砂、マルチングストーンなど、重さや大きさを考えすぎずに好みの材料で表面を覆い、インテリア性をアップ。自分好みにカスタマイズできるのも魅力のひとつです。

[空間ができてしまったときは・・]

①発泡スチロールを隙間に入れます。

②鉢を入れて、グラつきがないか確認。

③ココファイバーを周りに敷いて隠したら完成です!


[高さが足りないときは・・・]

底に発泡スチロールを敷いて底上げをしましょう。

②フェイクグリーンのポットが見えないようにすると綺麗です!


[少しだけ空間がある場合は・・・]

マルチングストーンもおすすめです!

植木鉢と合わせるときの注意点

ポット仕立てのフェイクグリーンは、本体が倒れることのないような大きさと重さなので、そのままでも飾ってもバランスのよい姿になっています。
鉢カバーとなる植木鉢とフェイクグリーンのプラ鉢との間隔が広く開いてカットした発泡スチロールくらいでは埋められない場合は、鉢カバーになる入れ物(植木鉢)が大きすぎると理解してください。
また、陶器鉢と組み合わせる場合には注意が必要です。
陶器鉢は焼いた時の土の締まり具合が均一ではないので個体差があり、大きさが少しずつ異なります。
同じ鉢でも入るものと入らないものがありますので、セット販売からお選びいただくことをおすすめします。

おすすめの組み合わせ

ウチワサボテンポットBA140/アマダ11シリンダー

表情豊かなウチワサボテンには、かっこいいフォルムを引き立てる、すっきりとしたシンプルなデザインのセメントポットがおすすめです。

アロエベラポット48 BA120/グルレ13

広がりのあるフォルムのアロエベラには、低重心のポットがきれいです。安定感のある落ち着きのある組み合わせです。

ユーフォルビアポット47/ポエル17C

赤っぽい土色がサボテンの雰囲気にぴったり。ぽっちゃりフォルムとサボテンのユニークさが相まって、とてもほっこりする組み合わせです。

アエオニウムポットBB060/アーバーポット グレー

ワインレッドの美しい姿のアエオニウムは、落ち着きのあるカラーと合わせると綺麗です。プリド13やアマテラポットコクタンなど金属の渋い輝きのポットもよく似合います。

ビカクシダポット32 BA960/ヘソラ18H+スタンドW

自由に広がる伸びやかさが人気のコウモリラン。シルバーがかった葉は白、グレー、薄茶の植木鉢とあわせると綺麗です。

キセログラフィカポット BB050/マルタ17W

葉に程よいボリューム感と高さがあるキセログラフィカには、シリンダー型など安定感のあるフォルムが似合います。
少し高さがあると葉の動きが生きて綺麗です。

マルチングストーン

直径2~3cmほどの白い石を1kgに小分けした、少量で使いやすいマルチング材です。
きれいな白が映えるシャインニングホワイト、より自然な雰囲気のナチュラルから選べます。

ココファイバー

手でほぐして使う、ココヤシ繊維のマルチング資材です。
ふわっとした柔らかな素材なので100gでも尺鉢(10号鉢)で1~2鉢分使用できます。
ナチュラルと脱色したベージュの2色。植木鉢や植物に合わせてカラーが選べます。

バージのフェイクグリーンは

本物志向にこだわった、出来栄え

フェイクグリーンは今、ブームと言ってよいくらい様々な場所で売られていますが、そのクオリティーには大きな差があります。
雑貨としてちょっこと置きできる多肉植物や切り花は100円ショップや小さな雑貨店でも入手可能ですが、可愛いいことや価格が優先されてリアルさが追及されているとは言えません。
バージのフェイクグリーンは本物志向。
リアルさを追求した見た目そっくりを目指した注目のコレクションです。
今回ご紹介のポットシリーズは、プラスチック鉢に入ったサボテンや多肉植物が中心のシリーズです。石や苔などで表層を覆って、細かなディテールにもこだわっています。